【イースター島】謎の巨石、モアイ像とは?大きさ、重さはどれくらいなの?どうやって運んだの?

今回は自分が死ぬまでに行きたい場所にランクインしている、
チリの太平洋上に位置する火山島”イースター島”について書いていきたいと思います。

いまだに謎が多い島なのですべてが正しい情報とは言えませんが、できる限り分かりやすく書いていきますので、是非最後まで見ていってください!!

りべちゃん

もしいいなと思った場合は、SNSでの拡散などをよろしくお願いします!

目次

イースター島って?

ソース画像を表示

イースター島(ラパ・ヌイ国立公園)は、チリの首都サンティアゴから西に約3700㎞進んだ太平洋上に位置する孤島で、人が住んでいる一番近い島までの距離が直線距離にしてなんと約2000Kmも離れている島となっており、周囲には「島」と呼べる島が存在していないので、絶海の孤島となっています。

1995年から「ラパ・ヌイ国立公園」という名前で(ちなみにラパ・ヌイはポリネシア人の言葉)、世界文化遺産にも登録されています。約900体にも及ぶモアイ像が有名な島国なので、ご存じの方も多くいると思います。

イースター島に初めて人が渡ってきたのはポリネシア人と呼ばれる人々で、400~700年頃だろうといわれています。

10世紀頃になるとこのポリネシア人によってモアイ像が作られるようになり、その素材には比較的加工しやすい凝灰岩が使われていたと考えられており、形などは時代とともに変化していったそうです。

・モアイ像

イースター島に存在しているモアイは10世紀~16世紀にかけて盛んに作られていたといわれており、素材には「凝灰岩」が使用されています。凝灰岩は柔らかいため削りやすく、また島で産出することができるため、モアイを作るのにはうってつけだといえます。

倒れていたり制作途中のモアイ像を合わせると、モアイ像は約900体ほど存在しており、平均3・5メートルで重量20トン、最大のモノになると高さ20メートル・重さ90トンにまで達するといわれています。

[モアイ]という名前の由来は、諸説が多くて未だにその特定はできていません。「モ」「アイ」で「未来に生きる」という意味があると考える人もいれば、先住民が使用していた公用語が関係してくると考える人もいます。

・異形な形をしているモアイ像

ここまでモアイ像について簡単に説明してきましたが、そんなモアイ像の中にも特殊な形をしたものがあることをご存じでしょうか?

  • モアイ
  • 帽子をかぶったモアイ
  • 女性っぽいモアイ
  • 倒されてしまっているモアイ
  • 作り途中のモアイ・
  • 目がはめ込まれているモアイ
  • 正座をしているモアイ・
  • お腹に船が彫られているモアイ

などと、色々な種類のモアイが存在しています。

それぞれの形をしている意味などが調べられて様々な意見が出ていますが、これもはっきりとはわかっていません。ですがこのようにイースター島やモアイについてはっきりとした仮説が立てれない事にも、この異形なモアイたちが関係しています。

モアイの形状があまりにも独特なために、このイースター島以外の島から似たような形をしているモアイがほとんど存在していないため、他の事柄との関連性を突き止めることができないのです。

・島で唯一海の方角を見ているモアイ、「アフ・アキビ」の謎

イースター島, ヌイ, モアイ, 像, 彫刻, チリ, 文化, 謎, 顔, 図

この「アフ・アキビ」と呼ばれる遺跡は、南太平洋の東部存在しており、アフ・アキビにあるモアイは他のモアイと異なり、唯一モアイが海に向かって立っています。

そしてこの7体の像は、イースターの伝説の王「ホツマツア」の使者を表しているとも考えられています。また、このモアイたちは春分と春分の日没の方角を向いていて、天文学的な意味が込められているとも言われています。

・モアイの制作工場!?「ラノ・ララク」とは

この「ラノ・ララク」と呼ばれる場所は、火山の噴火口となっており、そしてモアイの制作工場として使われていた場所でもあります。イースター島の人々は、この山から岩を切り出してモアイ像を制作していきました。そのため、制作途中のモアイや、不思議な形をしているモアイを多く見ることができます。

約400体ほどのモアイを見ることができる他、「アフ・トンガリキ」(海岸線に存在していて15体ものモアイが並んでいる)を見ることができます。

・何のためにモアイ像を作ったの?

これは多くの人が疑問に思う部分だと思うのですが、実際のところ今でも本当の目的が分かっていないというのが現状です。ですが様々な研究の末、こうなのではないかという推測も多くされています。

今回はその中の2つを紹介していきたいと思います。

1.祭祀目的で立てられた

  • この島に住んでいた人々はモアイ像が集落の方角を向いて立っていることから、その部族の長や先祖などの霊を祀ったものと考へ、集落を守るようにといった祭祀的な意味を持っているといわれています。

2,墓碑として作られた

  • この説は近年の調査でモアイの台座となっている部分から人骨が多く発見されてきたことにより有力となっています。

・倒れたモアイの謎

18世紀ごろになると、ヨーロッパや外部の人達がイースター島を発見し、上陸するようになりました。そのころの記録によると、存在しているモアイはほとんど倒されていたそうです。

モアイが倒されている理由として有力な説は、「モアイを倒し合う部族間戦争」が起きたのではないかと言われています。当時神聖な意味を込めて作られたモアイ像は、森の資源を多く消費してしまう1つの要因でもありました。

その結果島内で大量のモアイを作っていた部族は、食糧難に陥り、神聖な意味を持っている相手のモアイ像を倒し合うという争いにまで発展してしまったのです。

・どうやってモアイを動かしたの?

『20トンもあるモアイ像をそうやって運んだの?』この謎にも多くの学者が悩まされており、そして様々な説が出てきています。

学者が出した説
  1. 丸太を並べ、その上を転がしていく方法
  2. 何者かの魔法の力により自ら歩いて行った説
  3. ソリのようなものを作り、それを使用して運んだ

と、色々な説があるのですが、正直そうなんだ!と納得のいくものではありません。

ですがカルフォルニア大学の「カール・リポ」という人らにより、ある1つの有力な説が生まれました。その動画がこちら👇

カール・リポらは、3つの方向からロープを引っ張ることで、モアイを歩かせることに成功したのです。以前まで有力とされていた丸太の上を転がすという方法なのですが、こちらは20トンのモアイ像を運ぶと考えると、かなり可能性は低いと考えられています。

・まとめ

いかがでしたでしょうか!!

今回は多くの謎に包まれているモアイ像について解説をしていきました。現在でも多くの謎に包まれているこの島ですが、たくさんの学者たちが力を合わせてその謎に迫っています。どんどん謎を解いていってほしいです!

このリベちゃんブログでは、他にも世界各国の美しい景色や様々な場所の紹介をしているので、是非ほかの記事も読んでみてください!

それでは👋

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

SNSでのフォローもよろしく!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!

この記事を書いた人

当ブログ運営者|2001年生まれ『19歳』|千葉県在住|イベント関係の大学に通いながら隙間時間に執筆中|趣味:ブログ・FPSゲーム・音楽|将来の夢:世界の様々な場所へ旅行に行く|2021年4月にCocoon➔SWELLへテーマ移行

コメント

コメントする

目次
閉じる